ラオス、ビエンチャンでタイの観光ビザを取得

先日、ラオスビエンチャンに行って来ました。
バンコクからノンカイで、バスで12時間とかかかりました。北バスターミナルから。3階のチケット売り場にて。
バスは19:30発だったかな。
2時間おきぐらいで途中休憩5回ぐらい。
夜行ではあまり寝れないのであまり夜行は乗りたくないのですが。
ノンカイからはトゥクトゥクラオスとの国境まで行き
イミグレを通って、友好橋というメコン川にかかる橋をバスで渡りラオス入りでした。
ラオスにはタイの観光ビザ取りに行ったんです。
カンボジアなどの他国でも取れるんですが、遅れるときがあると聞いたのでラオスビエンチャンで。
ビザツアーやってる会社もありますね。2900バーツ+ビザ料金で。
自力だと、バス(380B)+トゥクトゥク(100B)+ラオス入国料(9000Kip=40B)+タイ領事館までの相乗りソンテウ(100B)
+宿代(400B)+国際バス(ビエンチャンからノンカイまで。15000Kip=60B)+ラオス出国料(40B)+バス(380B)+飯代(600B)=合計2100B

2泊3日。
たいして変わらないので、自信ない方はツアー利用でもいいと思います。
ノンカイからタイ領事館までは2時間ぐらいかかったかなー。

ビエンチャンのタイ領事館でタイの観光ビザ申請に必要なもの
パスポート
・バーツ[シングル(60日間):1000B、ダブル(60日x2):2000B]
・写真(タイ領事館の前で100Bで撮影してるおっさんがいます)
・申請用紙(タイ領事館にあります、書くのめんどかったりわかんなかったらタイ領事館の前にいるおっさんが100Bで書いてくれます)
パスポートの顔写真ページのコピーとラオススタンプのページのコピー(タイ領事館の2Fにコピー機があります)

続きを読む

広告

パタヤにキタ

どうも、しゃけきち(@syakekichi)です。

バンコク、チェンマイ、アユタヤとタイ国内を見てきて、あとはパタヤとプーケットぐらいかなということで

バンコクから程よく近いパタヤへ行って来ました。

アユタヤ行くよりもパタヤのほうが近いかな。

バンコクからパタヤへはバスで2時間強(帰りは1時間半ほど)で行けました。

続きを読む

バンコク支部ができるまで(その4)

Nomadshare

この1週間ぐらいで、けっこう移動してました。タイにはバンコクとチェンマイに合計約1ヶ月間ほど現地調査でいまして、バンコクのスワンナプーム国際空港からマニラへ。マニラにはほぼ飛行機の乗り換え程度のノリで行きました。軽く昼寝をするためにNomadshareマニラ支部に寄って、すぐその日の夜に台湾に飛んで台北に3日間いました。

朝5時ごろマニラ支部に行ったら、Mako-chan(@KtmS_7hvn)とユタくん(@yuta1_99)の2人がすでに起きてて働き出すと早く起きるようになるのかと感心したものです。ユタくんに「海外就職日記の次は、転職日記でも書くんでしょ?w」と、てきとーなことを話して、夕方まで寝て、またマニラのニノイ・アキノ国際空港へ行って(この空港何度行ったことやら)、台湾まで2時間ぐらいで着きました。台湾は物価がフィリピンやタイより高いので、たった3日間だけいましたが、よく考えたらこれがふつうかもしれません。「2泊3日!台湾!!(どーん!)」とかどこかの旅行代理店でありそうです。それでも、日本よりは物価安いので、台湾拠点もあったらいいなあと思います。今回、台湾へ来て台湾語をやる気がUPしたので、バンコク支部創設したら次は台湾にしようかなあ。台湾に冬季だけ住んでるNomadshareメンバーもおりますし、難しい話ではなさそうですね。また、Nomadshareプロジェクトの賛同者はいつでも募集してるのでよろしくお願いします。

そして、台北から大阪へ。今回、始めてジェットスターを利用しました。CAで日本人スタッフがいたので、自然とサービスレベルが高く感じました。大阪へは2時間半ぐらいで着いて、そこから世界一周トラベラーであるまことさん家(大阪支部?w)へ。クソWiMAX電波でしたが、神立地神家賃でした。そして、大阪のお好み焼き、イカ焼き、豚まんなど大阪のおいしいものを食べて、次はひつまぶしを食べに名古屋へ。ニートらしくJRの新幹線は使わず、青春18きっぷを使いました。大学時代にとてもお世話になったきっぷです。しゃけきち、自由に使える時間なら世界トップレベルに保有しております。ニートらしくチケットショップで買いました。春分の日で祝日だったのですが、わりと席座れてぼけーっとしてたら名古屋着いて、颯爽と名古屋駅周辺のネットカフェに少し潜伏したり、駅前のビックカメラで日本の現在の家電事情を把握しつつ(時代はLTE!!)、名古屋駅の地下街でひつまぶしを貪り、地元の静岡へ。バンコクからチェンマイまで電車で15時間ぐらいかかったので、大阪から静岡なんぞ鈍行でももはや余裕に感じてしまう時間感覚であります。とりあえず、帰国して携帯をまた契約しないとなあと悶々とどのキャリアにしようか迷っているところです。やはりLTE(えるてーえー??)ですか。  そろそろ打ち疲れた。

最近のしゃけきち(@syakekichi)をざっと書きましたが、だいぶはしょってるので、また所々トピック立ててそのうち書いていきますね。

ではでは。

元の投稿を表示

バンコク支部ができるまで(その3)

Nomadshare

どうも、チェンマイのしゃけきち(@syakekichi)です。

 

バンコクの様子・状況がだいたい把握できたので、チェンマイに移動しました。

チェンマイには、バンコクのホアランポーン駅から電車で来ました。14時半出発予定のが10分遅れて出発し、翌朝5時10分到着予定なのが、1時間ぐらい遅れて到着。チェンマイ駅に着いたのかと思ったら、どうやら違ったらしく、着いた終点の駅から駅前にあったバスに乗って1時間ぐらいしてチェンマイ駅に着きました。そこからタクシーで、Wi-Fi使える1泊300Bのゲストハウスへ。僕の場合は、Wi-Fiが無料で使えて安ければどこでもいいので、気楽ですが部屋まで電波が届かなかったり、コンセントが部屋になかったりすることがあるので、ちょこちょこ移動して見て回っています。今日は、250BのWi-Fi使えるゲストハウスに生息しています。

 

Bangkok-Chiang Mai

チェンマイは、バンコクに比べて人があまりいなく、店もバンコクほどないです。人がいないということは渋滞がないのでいいのですが、店があまりなく点在しているので少し歩くのが面倒くさいです。もうちょっとセブンイレブンあったらいいなあ。あと、メーター式のタクシーが、あまりないというかどうやら空港からだけとか、空港へ行く用らしく、メーター式タクシーを呼んで召喚しようと思ったら、呼ぶだけで120B取られるとかゲストハウスのスタッフに言われたので、トゥクトゥクに乗って移動しました。トゥクトゥクいいですね、かっこいいですね、日本で乗りたいですけどちょっといろいろ車の審査に通るのかあやしいですね。80Bとかで乗れます。観光としては、ワットなんたらが付く寺がたくさんあるのでいいと思います。ツアーでは、ゾウさんツアーとか首長族ヲチツアー(700Bでチェンマイからミニバンで片道1時間半の場所らしい)とかあるようです。Wi-Fiのある飲食店が多いので、ネット依存症の人にはいいかもしれません。いや、でも、もうちょっとセブンイレブンあったらなあ。

昨日、チェンマイに着いて、ナイトマーケットに行き、今日はワットなんたらをいろいろ見て、サタデーマーケットを見てきました。バンコクにはないチェンマイらしい商品もあって面白かったです。バンコクにはタイ文字をモチーフにしたものがあまりないのですが、チェンマイはそうではなく、Tシャツなどでタイ文字を用いており、チェンマイの方々はタイ文字のアイデンティティに関して理解しているようです。

 

バンコクは日本人がかなりいましたが、チェンマイではほとんど見かけません。前述の通り、人がバンコクに比べてあまりいないので、当たり前と言えば当たり前です。個人的に、チェンマイよりバンコクがいいなーということが解ったので、早くバンコクに帰りたいと思ったところで本日のエントリの締めとさせて頂きます。

 

ではでは。

元の投稿を表示

バンコク支部ができるまで(その2)

Nomadshare

どうも、バンコクのしゃけきち(@syakekichi)です。

前回の僕のエントリでも軽く触れましたが、現在、タイのバンコクに来ております。もうバンコクに来てから10日目ぐらい経過しています。バンコクでバックパッカーが集うカオサン通り周辺に生息しています。ここでは、1泊200バーツ(1バーツ≒2.7円)ぐらいでWi-Fi付きのゲストハウスがあるので、軽いノリで来てもさして問題なかったです。Wi-Fi無料であるところはそれでも少ないですが、探せばあります。1時間数十バーツでインターネット利用できるところもあります。ホテルだと、1泊数千バーツ~です(ピンきり)。食費はひっそり生きてたら1日200バーツぐらいでしょうか。日本人の場合、30日間ビザ申請なしでタイに滞在することができます。また、半年で合計90日間という切ないルールも。バンコクには今回、初めて来たのですが、思っていたよりも街が整っていると感じました。インドネシアやフィリピンは、道にいきなり落とし穴みたいな、いきなりボコっと凹んでいるような道があったり、なんか黒ずんでいて小汚い道もあるのですが、バンコクでそのような落とし穴のようなものはまだ見当たりません。あとは、日本人が至るところにいます。白人もかなり居ますが、あまりに日本人がいるので、驚きました。バンコクの全体的な印象として、先進国と途上国の中間ぐらいの経済状況なのではないでしょうか。街の感じとして、まだまだ成長しそうな勢いを感じます(日本の地方中堅街で見てきた様々なシャッター街を思いつつ)。 英語はほとんどの人が通じない、超簡単な英語が通じるぐらいなのですが、それでも人がいいので、たいした問題ではありません。言葉が通じても人がクソだったら、結果、クソな感じになってしまって何してもクソな状況なってしまいます。(日本人同士でも、クソな人と話してもクソな内容になってしまい、結果、クソな時間を過ごしてしまうだけです) それでも、タイ語がわかったら、この国をより楽しめると思ったので、最近、ちまちまタイ語を始めました。タイ文字を覚える気力は最初からあまりないので、Sランク級に重要なものだけ単語単位で文字を覚えて、あとは最低限の日常会話ができるレベルまで覚えることが目標です(ちっさ)。 大学時代に韓国語をやっていて、ハングル読めるように覚えたので僕の脳みそのキャパシティはすでにいっぱいです。その後に、中国語で中国語だけで使われている文字を北京語と台湾語で覚えたりもしているので、もうタイ文字をすべて覚えるというのはどうもやる気がないというかもはやミミズのままでいいやというノリで。

それで、もう10日間ぐらいカオサンに生息しているので、もうこのあたりが庭になってきて、観光は、ワットポー、ワットアルン、王宮に行きました。あとは、電気街らしきところを3ヶ所。なんかバンコクの電気街は点在としていて、めんどくさいですね。街と言っても、MBKやパンティププラザ(pantip plaza)のようなショッピングモール1つがそれだったり、サパーンレックのような1区画がそれだったりで小規模なものです。MBKが一番大きいのかなあ。それを思ったら、秋葉原は密度濃く1ヶ所にどーんとあるので、いろいろ動きやすいですね。中国の深センにも秋葉原より大きな電気街があって、これも1ヶ所にどーんとある感じなので、通いやすかったです。(通ったのかオイッ) タイは、ワンピースやナルトが人気な感じでしょうか、それらの商品をわりと目にします。タイ語での日本マンガもかなり充実しています。

来週あたりからは、チェンマイに行く予定です。チェンマイはタイの北部にあります。バスか電車か飛行機かどれで行こうかなと迷うことなく電車で行こうかなと思います。ただ電車が好きなだけです。10時間ぐらいかかるとかなんとか。死んだふりしてれば着くかな―。今年の夏、秋ごろまたバンコク来るような予感がしています。

なんか打ち疲れたので今日はこのへんで。

僕のBlogでもタイについて書いてるので興味ある方はこちらへどうぞ。

ではでは。

元の投稿を表示

バンコク支部が出来るまで(その1)

Nomadshare

どうも、しゃけきち(@syakekichi)です。

日本からお客さんが来てますが、日本が今、寒すぎるということで。フィリピンのマニラは1年を通して気温が20度後半~30度前半ぐらいです。雨季や乾季がありますが、引きこもりにはあまり関係のない話です。僕は寒いのが非常に苦手なので今後は極力、日本の冬を回避できるような生活をしていけたらと思っています。

暫定ですが、今年の僕の滞在計画予定は以下のような感じにしようかなと考えてます。

2月:セブ、マニラ、バンコク

3月:バンコク、チェンマイ、台北、広島

4月~8月:広島

9月~:東南アジアのどこか(マニラorタイorマレーシアか)

何か情勢が変化したり、気が変わったら上記の予定はすぐに変わります。臨機応変に。

タイがビザ申請なしで30日間居られるんですが、もうちょっと居られたらいいなあ。バンコクにシェアハウスをつくりたいですが、もっと人員が居れば難易度下がる感じです。

タイ好きな方は、しゃけきち(@syakekichi)までご一報を。

Nomadshareプロジェクトのことを実際に会って話聞きたいですという声も頂いてますので、僕が日本にいる間に予定が合えばよろしくお願いします。どこでもいいんですけど、なかなか多忙で日本から出られない方が多いと思うので。東京には8月の夏コミで行くかもぐらいです。関東圏は東京出身のユタくん(@yuta1_99)が何か夏フェスのときに一旦、帰国するようなので任せようかな。

沖縄もそのうち行きたいなあ。

では、コーラ飲んで寝ます。

元の投稿を表示

Nomadshareバンコク支部創設しました

どうも、Nomadshareプロジェクトメンバーのしゃけきち(@syakekichi)です。

Nomadshareプロジェクトもおよそ1年前に発足し、マニラ支部に至っては、早1年ぐらい経とうとしています。マニラにはトータルで6ヶ月ぐらい滞在してましたが、先日まで、マニラ支部に20日間ぐらい短期レギュラーメンバー的なノリで、住んでましたが、語学学校留学生やその経営者、現地で働いている方、出張の方、世界一周中の方などいろいろなゲストさんが来てくれて面白い感じになってますね。

最初は、Toshiくんとしゃけきちの2人しかメンバーがいませんでしたが、徐々に増えていき、2桁まで賛同者が増えました。

このNomadshareプロジェクトは賛同者が多ければ多いほど、支部が世界中に増えていき、メンバーの流動性や自由度が増し、いろいろできるようになります。

僕がタイに来たのは、今年の2月で、今年だけで観光や現地調査で3度訪れています。

首都のバンコクだけでなく、地方のチェンマイやアユタヤも見てみました。

バンコクに支部をつくろうと思ったのは、ハブとなっているスワンナプーム国際空港があることでアクセスが良いことと、BTSやMRTといった鉄道インフラを含め、地方よりも揃っているものが多い点です。

また、ドンムアン空港というのもバンコクにあり、スワンナプーム空港からの移転で2012年10月1日からタイ・エアアジアが以下の場所に就航開始予定です。

クアラルンプールペナンシンガポールデンパサールプノンペンハノイホーチミンシティヤンゴン香港マカオ深圳台北/桃園広州

次第に、LCCも縦横無尽に路線を張り巡らせてきています。

新幹線の値下げが全然ありませんが、飛行機の競争は加熱していくばかりです。

また、現在、Nomadshareプロジェクトでは、みうらんぬゆらちむゆたくんで東京支部の創設準備も行われています。

マニラ、バンコク、東京が支部として存在していたら、安定的かなと思います。

各支部、メンバー、特に住人としてのレギュラーメンバーの募集をしています。

今のバンコク支部の物件は、僕を含め収容可能人数はふつうにいけば、ベッドとかウチで2人です。寝袋を利用するなどして、本気を出すと4人になります。エアポートレールリンク沿いです。

レギュラーメンバーが出てきそうであれば、ずっとカウチで寝るのはアレなので、気軽にお引越しをするかもしれません。

引越しの場合は、早めに管理人に言う必要があるため、検討している方は早めにご連絡ください。

その他、宿泊希望や質問のある方は、Contactからよろしくお願い致します。

ではでは。